貿易のお仕事に関する情報

地図とミニチュア人形

貿易関係のお仕事は様々

貿易に関わるお仕事は、様々あります。例えば商社や通関業者、造船会社など多く存在しています。そのため、必要な能力も多少変化し、英語といった語学力も試されます。

輸出に関係する場合

主に輸出に関係するお仕事となった場合には通関書類を作成すること、運搬する手段の検討や手配を行う、などの内容になります。

輸入に関係する場合

貿易のお仕事が輸入に関係する場合には、輸入通関の手続きを行ったり、輸入された物の管理をしたり、関税や消費税を納付する手続きを行うといった業務内容になります。

貿易事務のお仕事で身につくこととは?

no.1

英語の能力がアップ

貿易事務のお仕事で扱う書類のほとんどは英語で作成しなければなりません。日々そのような書類と向き合うことで語彙力や読解力のアップになります。

no.2

輸出・輸入の知識がつく

貿易事務の仕事を通して、輸出や輸入に関する専門性の高い知識を身につけることができます。

no.3

パソコン操作のスキルがアップ

書類を日々作成することによって、パソコン操作は格段にアップするでしょう。パソコンの操作能力がアップすると、あらゆる面で有利となります。

no.4

通関士の知識が見につく

貿易事務のお仕事をすることによって、通関士の知識も身につけることができます。そうなると、通関士の資格を取得しやすくなると言えるでしょう。

no.5

事務処理の能力がつく

事務処理を行えるようになると、どんな会社でも対応することができるようになります。正しい処理を行えるようになることを目指しましょう。

広告募集中